千葉で自由葬を計画中。葬儀には読経が必要ですか?

葬儀の中でも型式にこだわらない自由葬が千葉でも人気です。

そのとき、従来の伝統的な慣習や型式はどこまで残すべきか、この機会に考えてみましょう。

■昔からある千葉独特の風習を例に度合いを考える。

極端な話になりますが、葬儀は故人を見送るためのイベントですから、本来的には僧侶を呼んで読経してもらったり、焼香があったり、また告別式などという式次第も関係ありません。

宗派によって型式があるので、そのご遺族の家では代々そのようにしているだけです。

千葉には昔から独特の風習があり、近隣の住民が集まって葬儀の準備や通夜振る舞いの手伝いをするのが当たり前というエリアもあります。

問題はこれらの型式をどこまで踏襲するかという度合いにあります。

■地域の人々の思いを大切に、参加しやすい自由葬。

たとえば上記のような千葉の慣習をすべて無視してしまえば、戸惑いを覚える近隣近所の方もおられるでしょう。

葬儀はできるだけ多くの方に見送ってもらうというのが理想ですから、とくに近隣近所の方には葬儀に参加しやすいような環境を作って差し上げましょう。

地域とそれほど緊密なつながりのない若い人が亡くなられた場合でも、その家のご両親は地域とともにあるものです。

■自由葬だからどうやってもいいというのではなく、ご遺族や近隣の方の感覚とのバランスを大事にしましょう。

最初から「自由葬なのだから読経も焼香も告別式も度外視で」という発想では、これまで共に生活してきた千葉の近所の人々を置き去りにしてしまうような結果になります。

そうならない、地域とともにある自由葬とは何かを考えてすすめていきましょう。

参照:https://www.asahi.com/articles/ASL2903GJL28ULZU01C.html