千葉在住です。万一の時、葬儀の手配や準備はどうしたら?

葬儀の手配は、葬儀社に連絡をすることから始まります。

千葉の互助会などに加入している人は、手配の順番を間違えないようにしましょう。

■互助会などに加入している人はまず連絡を。

葬儀そのものは、千葉であっても千葉でなくても仕組みそのものが整っているので、葬儀社に依頼すればすべて面倒をみてくれます。

多くは病院に出入りしている葬儀社が、病院からの情報をつかんで遺族の元にアプローチしてきます。

冠婚葬祭の互助会など民間や千葉の公的な会に加入している故人・遺族の方は、そのような病院からの業者のアプローチを断って、加入している互助会に連絡してください。

■ポイントは葬儀の規模、予算、希望する日程。

葬儀の手配は、ネットからでも簡単に行えます。

適当と思われる葬儀社を選んで申込めば、自宅や指定する場所に打ち合わせにきてくれます。

病院のご遺体安置室から引取った後の安置場所が最初に問題となるため、葬儀社にその旨を告げ段取りを付けてもらいましょう。

あとは葬儀の規模、予算、希望する日程などが大事になります。

それによって葬儀費用が変わってきますので注意しましょう。

■葬儀はだいたいにおいて“突然の出来事”になります。

あわてることなく、葬儀社の選択をしっかり行ないましょう。

遺族側の希望(葬儀の規模、予算、日程)がハッキリしていれば、あとは葬儀社に任せても問題はありません。

生前の故人の交友関係や社会的な地位などを考慮して、適切な葬儀プランを考えておきましょう。

無理に会葬者を集めるようなことはせず、身近な人々にお知らせして済ませるというのも、いまどきのスタイルになっています。