千葉で独居の叔母が死亡。一般葬にしないと世間体が悪い?

昔は千葉でも世間体を意識して、葬儀の規模を決めていたという向きがあります。

しかし高齢化の現代にそんなことをしても会葬者が集まりません。

一考し直しましょう。

◎記事ピックアップ【コンパクトな家族葬や直葬が人気、だが都市部と地方部温度差も|NEWSポストセブン

■故人の暮らし方にあわせた葬儀のサイズ。

いろいろな事情から独居の高齢者の数は増えつづけています。

一般葬にするか、家族葬や1日葬、あるいは火葬式にするかは、世間体ではなく実質的にどのような見送り方がふさわしいかといった視点で決めるべきです。

故人の生前の社会的なつながりが広域でもないのに、無理に一般葬を開いても、会葬者の数が少なく釣り合いが取れません。

故人の生前の暮らしは、故人が望んでそうしているという一面があります。

見送るときもその意志を尊重して、相応の葬儀にすべきです。

■無理に一般葬にしても実態がそぐわない。

過去に、やはり世間体が悪いという理由からむりやり一般葬にしたという千葉の例がありました。

しかし一般葬は会葬者の数と会場(葬儀場)の広さが一定以上であることがベースになるので、結果としては閑散とした見送りとなり、返って世間体の悪い葬儀となりました。

どのような規模の葬儀であっても、故人の生活サイズにあったものであれば、あとは送る人の気持ちが大事になると思います。

■葬儀は大きさや世間体ではなく、無理のない故人らしい見送りをすることが第一。

遺族や会葬者にも負担がありません。

いまどき、規模が小さいから世間体が悪いなどと考える必要はありません。

家族だけで済ますのが適当であれば家族葬、1日葬でも立派な見送りはできます。

良い思い出は規模で築けるものではなく、送る側の気持ちの濃さ・深さによって決まります。

千葉でも小規模な家族葬クラスの葬儀は珍しくありません。