セットプランの千葉の葬儀、見積もりより高く請求されたが?

葬儀のセットプランというのは、基本的な葬儀のモデルであって、意外にも簡単に追加や変更になっているケースがあります。

千葉にかぎらず、よくあるトラブルや疑問です。

■追加の意味や内容を良く理解しておくこと。

通常、各葬儀社が扱っている葬儀のセットプランというのは、基本のセット内容が決まっていて、それを標準モデルに利用者(遺族側)が、内容の一部を変更したり追加したりしてオーダーします。

何も追加せずにそのままであれば、セット料金で済みますが、そのようなケースはまずありません。

認識がなくても葬儀費用が加算されていることがあります。

■追加の感覚がなくオーダーしていることも。

たとえば千葉で葬儀を行っている博全社の場合、家族葬は30万台から用意されています。

この葬儀のセットプランに、棺のランクを上げたり、祭壇の内容を豪華にしたりすれば、追加料金は発生します。

また千葉には、規定の火葬料金(市民料金)では火葬できないエリアがあったり、遺族側の都合で安置場所の変更や日数の変更があったりもします。

そういうケースでは遺族側に追加の認識が薄く忘れられていることも多いのです。

■葬儀はバタバタした中で、“仕切りはお任せ”になることが多いイベント。

見積もり時の詳細をしっかり確認しましょう。

千葉でもよくあるトラブルは、遺族側が追加していたのに記憶になく、 “後から言った、言わない”でもめ事に発展するケースです。

バタバタの中で、遺族側の最終発注者が入れ替わり立ち替わりになってしまうことで、頼んだ覚えのない追加が浮上したりもします。

もう一度よく振り返ってみましょう。